株式会社出前館

ニュースリリース

2021年02月17日

『出前館』、配達代行サービス「シェアリングデリバリー®」の配達可能地域をさらに拡大!

» PDF版はこちら【731KB】

シェアデリキャッチ.jpg

 日本最大級の出前サービス『出前館』(運営:株式会社出前館)は、配達機能を持たない飲食店の代わりに『出前館』が配達を担う「シェアリングデリバリー®」を2021年2月9日(火)に長野県・佐賀県、2月17日(水)に福島県にて初展開いたします。


 2017年から本格始動した、配達代行サービス「シェアリングデリバリー®」は、配達機能を持たない飲食店でも、『出前館』が用意する配達代行機能をシェア利用することで、出前が可能になるサービスです。このサービスは外食店舗が人手不足により実施できなかったデリバリーが可能になるだけでなく、注文可能な店舗が拡がることで、お客さまの日常生活における食のレパートリーを増やすことができます。


 長期化する新型コロナウイルスの影響により大きく日常が変化し、感染を防ぐために外出自粛や飲食店の営業時間の短縮、休業要請を余儀なくされ、売上げ確保のためにデリバリーを『出前館』で開始するお店が増えています。
 このような業況をふまえ『出前館』では、デリバリーを始めやすい環境を整え、飲食店の新たな活路を見出すため、都心に限らず各地方にも早急にサービス展開を進めています。


 2月9日(火)には長野県、佐賀県、217日(水)は福島県へ初展開となり、配達代行サービス「シェアリングデリバリー®」が11235へ進出となります。順次、配達拠点の拡大をし、"デリバリーの日常化"を目指していきます。

シェアデリ.png

 なお、現在『出前館』では、新型コロナウイルス感染症対策及び予防の観点から、配達員や配達備品等の衛生管理の徹底による「感染症の抑止対策」※1を実施しております。また、ご注文時に「キャッシュレス決済」を選択いただき備考欄に"商品は部屋の玄関前に置いてほしい"等のご希望を記載いただく「非接触のお届けのご指定」※2を推奨しております。引き続き、お客さまに安心・安全な出前サービスをご提供できるよう努めてまいります。

※1 新型コロナウイルス感染症の抑止対策に関するお知らせ
※2 非接触デリバリー対応に関するお知らせ



【『出前館』とは】
 『出前館』は、アプリやサイトから簡単に注文でき、さまざまな食事シーンで活用可能なフードデリバリーサービスです。注文からできたての状態でのお届けを実現し、現在、加盟店舗数は55,000店舗以上となり、国内最大級のサービスとして展開しています。また、単なるフードデリバリーサービスだけではなく、地域密着のオンラインとオフラインを繋ぐサービスとして進化し続けています。シェアリングデリバリー®(配達代行)やテイクアウト事業、インキュベーションキッチン®(クラウドキッチン併設型デリバリー拠点)など、次々と新しい事業に取り組み地域の活性化を実現するライフインフラを創造します。

【『出前館』公式サイト/SNS アカウント】

公式サイト

公式 YouTube

公式 Twitter



【株式会社出前館 概要】
(コード番号:2484 東京証券取引所JASDAQ 市場)
所在地:〒151-0051 東京都渋⾕区千駄ヶ⾕ 5丁目27番5号 リンクスクエア新宿11階
代表者: 代表取締役社長 藤井 英雄
WEBサイトはこちら
概要:日本最大級の出前サービス『出前館』の運営
資本金:161 億 1,342 万円(2020年8月末現在)
設立年月日:1999年9月9日

※本ニュースリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。