株式会社出前館

ニュースリリース

2021年05月21日

『出前館』、銀行や信用金庫と提携し地域のインフラサービス目指す

» PDF版はこちら【899KB】

 日本最大級の出前サービス『出前館』(運営:株式会社出前館)は、青森銀行、群馬銀行、東和銀行、鳥取銀行、北洋銀行、北海道銀行、横浜信用金庫、(五十音順)と業務提携を締結し、地元の飲食事業者向けの支援を開始いたしましたことをご報告いたします。

銀行業務提携 キャッチ.jpg

 新型コロナウイルス感染症拡大のため、政府は東京、大阪をはじめとした大都市のみならず、地方都市においても2021年5月16日(日)に「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」の追加発令をしました。長引く感染症対策施策により、営業時間の短縮や来店客の減少など飲食事業者への困窮は続いています。
 そこで、『出前館』では飲食事業者と強固な関係にある地場の銀行、信用金庫に『出前館』を紹介していただくビジネスマッチングを目的とした業務提携を始めました。昨年夏、北海道の銀行でのスタートを皮切りに、4月からは東和銀行、横浜信用金庫、青森銀行、群馬銀行、鳥取銀行と提携を加速させています。本取り組みにより地元の名店や人気店が出前館に加盟することで、デリバリー商品のラインナップの増加に繋がり、食の選択肢が拡がります。

 『出前館』と銀行、信用金庫が一丸となりフードデリバリー利用促進に向けた支援を行うことで、地域経済ならびに飲食関連事業の売り上げ確保の後押しを目指します。



▼取り組み内容
・概要:
『出前館』と地場の銀行・信用金庫とのビジネスマッチング
 


・参加銀行(五十音順。順次、参加拡大予定):
株式会社青森銀行(本店:青森県青森市、取締役頭取:成田 晋)
株式会社群馬銀行(本店:群馬県前橋市、代表取締役頭取:深井 彰彦)
株式会社東和銀行(本店:群馬県前橋市、代表取締役頭取:江原 洋)
株式会社鳥取銀行(本店:鳥取県鳥取市、代表取締役頭取 平井 耕司)
株式会社北洋銀行(本店:北海道札幌市、取締役頭取:安田 光春)
株式会社北海道銀行(本店:北海道札幌市、代表取締役頭取:笹原 晶博)
横浜信用金庫(本店:横浜市中区、理事長:大前 茂)



 引き続き、『出前館』では、新型コロナウイルス感染症に伴う市民の課題解決、負担軽減に少しでも繋がるよう、さまざまな地域・自治体と協力し市民の食をサポートしてまいります。



【『出前館』とは】
 『出前館』は、アプリやサイトから簡単に注文でき、さまざまな食事シーンで活用可能なフードデリバリーサービスです。注文からできたての状態でのお届けを実現し、現在、加盟店舗数は70,000店舗以上で、国内最大級のサービスとして展開しています。また、単なるフードデリバリーサービスだけではなく、地域密着のオンラインとオフラインを繋ぐサービスとして進化し続けています。シェアリングデリバリー®(配達代行)やテイクアウト事業、インキュベーションキッチン®(クラウドキッチン併設型デリバリー拠点)など、次々と新しい事業に取り組み地域の活性化を実現するライフインフラを創造します




【株式会社出前館 概要】
(コード番号:2484 東京証券取引所JASDAQ 市場)
所在地:(東京本社)〒151-0051 東京都渋⾕区千駄ヶ⾕ 5丁目27番5号 リンクスクエア新宿11階
代表者: 代表取締役社長 藤井 英雄
WEBサイトはこちら
概要:日本最大級の出前サービス『出前館』の運営
資本金:161 億 1,342 万円(2020年8月末現在)
設立年月日:1999年9月9日


※本ニュースリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。