飲食店さまの声 #21

出前館は救世主!コロナ禍にデリバリー導入で売り上げが回復

札幌らーめん一門(いちもん)

ジャンル
ラーメン
配送方法
自社配達

出前館3つのポイント

札幌市内の繁華街すすきので人気のラーメン店「札幌らーめん一門」。札幌味噌をベースとした辛さ満点のラーメンは、「クセになる味」と地元の人からも愛されるお店です。

しかし、コロナの影響が響き客足が激減。一時は休業し経営が危ない時期がありました。それでも、コロナ禍に出前館に出店したことで、劇的な売り上げの回復に成功し、今では従来のような営業が再開できているとのことです。

そこで、お店が導入前と導入後でどのように変化したのか聞いてみました。

コロナにより減少した売り上げを補填するために出前館を導入

出前館への出店の決め手は何でしたか?

導入を踏み切った理由は、コロナです。2月以降からお店の売り上げが大きく減少しました。このまま営業しても、売り上げがマイナスになるだけと思い、休業することを決めたのです。休業中にお店を復活させる方法は何かないかと考え、デリバリー事業に注目をしました。数ある配達サービスの中から検討した結果、自分たちでも配達ができる出前館を選びました。

導入直後は、タブレットの設定など分からないことが多く困ることもありました。困ったことがあれば、サポートセンターの方に連絡をしながらやり方を聞いて取り組みました。メニュー設定の仕方や、管理画面の見方など、具体的に丁寧に説明してもらえたので、とても助かりました。

出前館を導入後、売り上げはコロナ以前まで回復

コロナ禍に導入したことでお店の売り上げはどのように変化しましたか?

導入前の売り上げとして3分の1まで減ってしまっていたのですが、出前館を導入した後は注文数を安定的に獲得し、売り上げも回復しました。今では、コロナ以前の売り上げを上回る事もあり、出前館の効果に驚いています。

一番驚いたことは、客層の変化です。コロナ以前のお店では、すすきの周辺で働くナイトワーカーが客層の中心でした。しかし出前館で注文した商品をお届けすると、配達先の多くがファミリー層なのです。出前館経由で新規顧客獲得につながっているのだなと売り上げ以外のメリットに気付くことができました。

試行錯誤を繰り返し、容器を選定。

ラーメン専用容器はどのようにして調達しましたか?

現在使用しているラーメン容器は、セパレートタイプの専用容器です。探すのにとても苦労しました。当初はお店で提供するような形で、ラーメンとスープを入れた状態で配達をしていました。しかし、どのような工夫をしても麺が伸びてしまい、お客さまの満足度を上げることが難しい状況でした。

そこで、私たちはスープと麺を分離できるセパレートタイプの容器を探し、それ以降は現在使用している容器を使用しています。もちろん、今の容器がベストとは思っていないため今後、総合的な判断で、出前館の提供する専用容器(※)に切り替えることも考えています。

※:出前館には「仕入れ館」という事業があり、そこではデリバリー用の容器の開発を行っています。特にエフピコさまと一緒に開発したラーメン容器は、上下二層構想になっており、冷めにくく、スープがこぼれにくく、麺が伸びにくい仕様となっています。

無駄とケアレスミスのないオペレーションでスムーズな配達を実現

配達する上で気をつけていることはありますか?

お店として気をつけていることが2つあります。「配達のタイミング」と「ピークタイムの連携」です。商品が冷めないようギリギリのタイミングを見計い調理を行います。配達完了画面をチェックし、自社の配達スタッフがお店に戻ってくるタイミングで次の商品を受け渡しできるように常に意識しています。

ピークタイムの連携では、配達スタッフと調理スタッフで連携を取りながら対応しています。提供するラーメンは、お客さまによって、「辛さ」、「トッピング」、「味」が異なります。お客さまに間違った商品を届けないよう、出発前にスタッフ同士で確認を行うよう意識しております。

出前館導入は、ピンチをチャンスに変えるきっかけに

出前館を検討している方へメッセージをお願いします。

出前館は、売り上げをカバーするだけでなく、新規顧客の獲得など、さまざまなメリットがあると実際に利用して気づきました。業績が伸び悩んでいる飲食店こそ、出前館の導入を前向きに検討すべきだと思います。コロナ禍で飲食業界はピンチですが、今こそ飲食店のあり方を変えるチャンスと捉え、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

私たちは、出前館を導入して本当に良かったと思います。出前館がなければ、お店が無くなっていたかもしれません。それほど、出前館のデリバリー効果を実感しています。今後も出前館を活用してお店の売り上げはもちろんのこと、業績を伸ばしていけたら良いなと考えています。

店舗名:
札幌らーめん一門
住所:
札幌市中央区南6条西4丁目 G4ビル1階

こちらの事例も、あわせて読まれています

資料を請求する 出店を申し込む

出前館公式アカウント

資料を請求する