飲食店さまの声 #16

出前館を利用し安定的な売り上げUPに成功

オリジナルスープカレーSHO-RIN すすきの店

ジャンル
カレー
配送方法
自社配達

出前館3つのポイント

札幌市中央区で一番の繁華街「すすきの」の中でも人気のスープカレーお店"オリジナルスープカレーSHO-RIN すすきの店"。こってり系のスープに虜になる人が続出しています。

スープカレー激戦区の中でも、出前館を利用したことで売り上げを伸ばすことに成功しています。一体どのような工夫をして売り上げを伸ばしたのかをお聞きしました。

売り上げをカバーするために出前館を導入

出前館への出店の決め手は何でしたか?

まだデリバリーサービスが浸透していなかった頃に、イートインだけでは売り上げが伸びず、別の方法で売り上げを伸ばしたいと思ったタイミングで出前館の担当者さんから営業がありました。

当時担当の方に、出前館の仕組みはもちろんのこと、売り上げの推移など具体的な資料を提示してもらったので、導入してもメリットが多そうと思い導入を決めました。

導入直後は、周辺エリアだけを配達すれば良いと思っていたのですが、日に日にお客さまに浸透し、今では札幌市の中央区全域を車で配達するようになるまで拡大しました。

1番良いと感じた点は、導入初日から注文が入ることだと思います。配達を自分たちで始めると、チラシを作り各家庭にポスティングをする必要がありますが、出前館はその手間がありません。導入すればすぐに配達サービスを展開できるのは出前館のメリットだと思います。

コロナ禍で配達売り上げが9割を占める

導入後売り上げはどのように変化がありましたか?

コロナになる前はデリバリーの売り上げは3割程度だったのですが、コロナ以降利用者が増え続け、気づけば9割がデリバリー、残りの1割がイートインという比率になりました。

今はデリバリーとイートインが5割ずつくらいで安定したのですが、やはり天候の悪い日や、土日、夜の21時以降はデリバリー注文が多い印象があります。コロナが落ち着いた状況になっても注文数が増えているので、コロナのピーク時で新規のお客さまが増え、引き続きご利用していただいているのではないかと考えています。最近では、ピークタイムの配達に対応するためスタッフを増員しています。

コロナ禍により、あらたな客層の獲得に成功

お客さまの利用に変化はありましたか?

元々、当店は、繁華街に位置した場所にあるため出前館を利用する多くのお客さまは繁華街で働く人が大半を占めていました。しかし、最近では客層が変化し、ファミリー層が増えてきているなという印象があります。

出前館を導入しなければ、今のようなさまざまな層のお客さまにご利用いただける状況にはならなかったのでは、と思っています。
もちろん出前館を利用するお客さまの中には常連さまもいらっしゃいます。我々は自社で商品を配達していますが、配達時などで常連さまとコミュニケーションを図ることで、デリバリーの改善点はもちろんのこと、新メニュー開発のヒントなど参考にすることもあります。お店以外での場でコミュニケーションが取れるのは、自分達で配達するメリットだなと考えています。

受注ミスのないように容器にシールを貼ったり、声かけを徹底

配達をするうえで気をつけていることがあれば教えてください。

特に気をつけていることは、ピークタイムの対応です。イートインとデリバリーのどちらもおろそかにならないようにスタッフ全員が細心の注意を払い業務に取り組んでいます。

デリバリーで一番気をつけていることは、配達ミスのないようにすることです。スープカレーは、お客様の注文内容によって辛さ、トッピングが異なります。ミスのないよう、容器の上にシールを貼り付け、「味」、「トッピング」、「辛さ」、「届け先」をわかるように記載するよう徹底しています。

私たちは車で配達をしているので、形が崩れてしまうということは少ないですが、それでもこぼれないよう、容器をしっかり固定し漏れないようにラップをして対策を取っています。

それでも、雪の日は配達が遅れてしまうこともあるため、受付時間に余裕を持つなどお客さまをお待たせしないような配慮にも心がけています。

出前館を利用すれば、安定的な売り上げの確保が可能

出前館を検討している方へメッセージをお願いします。

コロナ禍だけでなく、雨の日や雪の日など、イートインの売り上げが悪い日でも、出前館で売り上げを確保することが可能です。売り上げを今以上にアップしたい店舗はもちろんのこと、コロナ禍で売り上げを落とし、何とか立て直したいと考えている店舗にはおすすめのサービスです。前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

私たちは、サービス開始直後から長年出前館を利用して、本当に良かったと感じています。コロナ禍を乗り越えた先には、お店の更なる発展があると信じています。今後も売り上げの柱として、出前館とともにお店が成長できれば良いと思います。安定した飲食店経営のために、出前館は"必要不可欠な事業"だと感じました。迷っている飲食店さまは、導入を検討してみてください。

店舗名:
オリジナルスープカレーSHO-RIN すすきの店
住所:
札幌市中央区 南五条西 3-10 グランド桂和ビル 1F

こちらの事例も、あわせて読まれています

資料を請求する 出店を申し込む

出前館公式アカウント

資料を請求する